玄米食とは

サラリーマン研究所

サラリーマンの日常を楽しくするためにお得な情報を提供します。

玄米食とは

読了までの目安時間:約 7分

 

玄米食には「なんとなく健康的」というイメージがあり、ファイナリストとなり、また上位入賞に選ばれたミス・ユニバースたちも主食にしていることで知られました。

ミス・ユニバース日本代表だけでなく、アラフォーにてプロに復帰したテニスプレイヤーのクルム伊達君子さんも復帰までは玄米食だったそうです。

クルム伊達君子さんだけではなく、意外と健康こそが美容につながる、とお考えの女性たちも玄米食を始めていることが多いのです。

なお玄米食を行っていると、持久力が付く、という方も多いのですが、正確な炊き方や食べ方を習慣づけないとうまくいかないみたいです。

また食事内容を変え、玄米食を食べ始めると、精神的に安定してくると言う方も少なくはありませんが、個人差が大きいかもしれません。

口の悪い方にかかってしまえば、「食べていることだけで健康な気分を味わえるもの」などとも言われているので、考えたいのが玄米食です。

玄米食そのものに対する抵抗感は戦時中・戦後の食糧難を体験している世代に多く、積極的なのは「ネオ高齢者」ともいうべき団塊の世代です。

この「ネオ高齢者」はジョン・レノンなどに影響を受けていることもありますし、健康問題に積極的ですから、玄米食はありがたいもののようなのです。

そのため玄米食を始めたのであれば、健康を手にすることができる、という考え方をする方も少なくはありません。

その場合、玄米食にプラスして菜食主義になる方も多いので、多くの場合、この2つをセットにしている自然食で満足してしまう方も多いのです。

しかしながら玄米食自体は確かに健康に悪いわけはないのですが、あくまで主食として選べばいいだけであり、これだけ食べることが良いわけではないのです。

精製した白米は決して身体に悪いわけではないのですが、玄米食を開始すると、白米を食べている方を軽視する傾向が出始めるのは間違いでしょうね。

また食べ方を間違えると玄米食はいいもののはずなのに、身体に負担をかけることもあり、注意が必要であることも覚えておきたいですね。

玄米食についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、玄米食の正しい食べ方なども詳しく調べてみましょう。

健康的なイメージが先行していますが、食べ方によって健康になるのであって、その部分意を軽視している方も多いのが玄米食です。

玄米食はきちんとした食べ方をしていれば、非常に身体に良いものですし、なかなか摂りにくい栄養素を摂ることもできます。

その玄米食の食べ方などに関して関心を持たずに、ただ白米の代わりに食べるだけ、ではあまり実感はわきにくいかもしれません。

加えて玄米食に期待できることは、その副菜の作り方にも課題があるので、色々と実は手間のかかってしまうものでもあります。

現在は玄米食の実践を簡単に行えるようにサポートしてくれる炊飯器も登場していて、始めようとする方も少なくはありません。

そこで今の自分の食事のあり方や、どのような副菜を好んでいるかで、食生活そのものを変えていく必要も出てくるのが玄米食です。

玄米食を食べているミュージシャンや有名人も少なくはありませんが、多くの場合、自分がどのような種類を食べているかには無頓着なことが多いようです。

実際には玄米食そのもの自体には食べ方の種類や、食べているものの種類も多いのですが、おおよそそれだけで満足してしまうようです。

種類にまでこだわっていくと、一般的な白米を主食にしていくよりも、玄米食は非常に手間とお金のかかった食事に変わってしまうのです。

しかしながらこういうお金と手間のかかった玄米食に興味を示す方と言うのは、やはり裕福な方であって、種類も吟味しています。

言いかえれば「健康」のイメージを持っている玄米食で本当に「健康」を実現すると言うことは、種類にこだわり、お金もかける必要が出てきます。

とてもそれは贅沢なことであって、半ば「健康道楽」とでも言えるような時代になっていることもあり、ユニークな存在になっているのが玄米食です。

スポンサーリンク

玄米食の種類そのものはコメの種類でもありますし、食べ方の種類であると言っても過言ではないかもしれませんね。

玄米食を始める前にこの種類に関する情報もきちんとつかんでおくべきですし、またその方が「健康」が実感できることでしょう。

以前は玄米食を行うということは貧しさの象徴でもあり、江戸っ子は意地でも食べないものでしたが、「東京人」は種類にこだわり食べたくなるようです。

玄米食そのものに罪はないのですが、ただ健康雑誌などで見て、安易に始める、というのは、種類などを考えるとおすすめ出来るものではないのです。

多くの種類がある玄米食そのものに共通しているのは、良く噛まなければならない、ということですから、それを踏まえておくのは最低条件です。

そうなると白米でも変わらないのでは?と玄米食に疑問を感じてしまい、やめてしまう方も少なくありませんが、中には味が気に入って続ける方もいます。

確かに玄米食は食べる際に良く噛むということで、コメの味が非常に濃く感じられ、「健康」より「嗜好」になる場合もあるのです。

玄米食についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、玄米食の種類についても詳しく調べてみましょう。

種類が多彩になっていることで、さまざまな種類を試してみて、自分に合っているものを選んで実践すべきが玄米食です。

玄米食の種類自体は健康食品のお店に行くとあれこれとありますし、味もそれぞれになってくるものですから、最初は色々試すべきかもしれません。

種類そのものは玄米食と名付けられていても、実際には雑穀が混ざっているという者もありますので、成分も確認しましょう。

しかし味が良く、しかも食べ方に注意すれば「健康」になれる玄米食はやはり、白米同様に効果になると言うことも忘れるわけにはいきません。

菜食主義ブームと同時に広まっていった玄米食ブームですから、自分に合った種類を慎重に選ぶことも重要になっていくことなのです。

種類も産地も豊富ですし、味もそれぞれ変わってきますから、達人になってくると自分の体調で種類を変えるとも言うのが玄米食です。

スポンサーリンク

 

タグ :

食品   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る