玄米食と便秘

サラリーマン研究所

サラリーマンの日常を楽しくするためにお得な情報を提供します。

玄米食と便秘

読了までの目安時間:約 7分

 

玄米食を続けていた時期のある作家・エッセイストの群ようこさんは、一人暮らしで栄養が偏りがちだったから選んだ、ともいいます。

その玄米食の思わぬ効果には、便秘解消があり、群ようこさんはおそらくは食物繊維が増えたからではないか、とエッセイの中で綴っています。

確かに玄米食に白米から切り替えれば、食物繊維の摂取量は増えていきますから、食物繊維不足であれば効果があるでしょう。

良く言われているのは玄米食に切り替えると、「フィチン」という栄養素が摂取されることで体内の毒素が出ていく効果があるとされています。

特に著しく栄養バランスが崩れていて、食事メニューの中に食物繊維が少ない方であれば、玄米食の効果はわかりやすいかもしれませんね。

しかしながら白米を主食としていた方でもメニューが食物繊維豊富で野菜も多かったら、さほど効果を実感することもないことがあるのが玄米食です。

玄米食は効果を追求すればするほど、実際には主食が問題だったのではなく、副菜に問題があることが分かる場合もあります。

基本的な食事メニューが間違っていれば、玄米食を開始しても、美肌効果やダイエット効果、便秘解消は難しいと言わざるを得ません。

早い話が玄米食に切り替えたとしても、副菜の野菜の量が少なかったら、あまり効果は早くに実感することができないわけです。

玄米食を始めるついでに菜食主義になれ、ということではなく、今までの副菜の内容についても見直しを必要とすることが効果を実感できることなのです。

またせっかく玄米食を行っていたとしても、常食にしているもののメニューが添加物だらけでは、効果どころか意味すらもあやふやになってしまうので注意したいですね。

玄米食を開始して効果を実感できる場合は、今までの自分の食習慣の間違いを正すきっかけにした方の方が圧倒的に多いのです。

効果を早くに実感したいとお考えであれば、玄米食をきっかけにして、どう自分の食事内容を変更していくか、ということも考えるべきです。

玄米食についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、玄米食からえることができる効果についても詳しく調べてみましょう。

平和運動に積極的だったジョン・レノンも晩年は非常に穏やかで若き日の無鉄砲ぶりはなくなったといいますが、それだけが効果だと玄米食には言えません。

玄米食は日本人にはマイナスイメージが多かった時期もありますが、健康に関心の高い欧米のほうで広まって、効果が広められた経緯があります。

しかしこれは玄米食ではなくても、欧米の場合であればライ麦パンでも効果があったのでしょうが、やはり彼らにはイメージが悪かったのでしょう。

これと玄米食の日本でのあり方は面白いほどに重なっていて、ライ麦パン経由で始めている方も多いのが事実でもあります。

このように「贅沢」で「セレブレティが行っている健康法」というイメージで効果を感じている方も玄米食の実践者には少なくありません。

ただし白米が特別なもので、憧れが強かった時代はもう過去になり、新しい健康食ということで効果が実感できているのが玄米食です。

「玄米食=ダイエット」となったのは、日本のミスユニバースたちの栄養管理を行っているエリカ・アンギャルさんの書いた「世界一の美女になるダイエット」からでしょう。

正しく玄米食を行っていれば、確かにダイエット効果があることは認められていますし、間違った見解ではありません。

実際に玄米食を始めると、「フィチン」の働きで体内に溜まっている余計な糖が代謝されていき、ダイエットに成功できるわけです。

加えていけば玄米食をしっかりと食べるということは、エリカ・アンギャルさんが注意していることのように良く噛む必要が出てきます。

すると噛んだことで脳に「満腹になりました」と言う指令が伝わり、少量で食事を済ませられ、結果的に玄米食でやせたようにかんじるともいいます。

多くの場合、「太り過ぎ=食べ過ぎ」ということなのですから、良く噛んだことで本当に自分に必要な食事量にできるのが玄米食です。

スポンサーリンク

玄米食でダイエットを行う場合で決して行ってはいけないことが、玄米だけを食べると言う食事方法で確実に身体がこわれます。

いうなれば玄米食は健康を考え、栄養バランスを計算している副菜もサポートすることによって、ダイエットに成功するのです。

ある摂食障害に陥った女性は玄米食で身体のぜい肉を取ろうとしましたが、この「玄米だけ食べる」という方法が始まりだったと言います。

ダイエット効果がある、という玄米食は「玄米だけ食べればやせられる」ということではないことも覚えておくべきですね。

ダイエットを考えた副菜であれば野菜中心になりますから、玄米食でやせていく、というのは過剰なカロリーを摂取していないからです。

玄米食は間違った食習慣や食事嗜好を改善するきっかけになり、その結果、本来あるべき美しい体型に戻るだけのことなのです。

玄米食でやせる!ということは食習慣や食事嗜好、食べ方の癖を正すことによって、過剰だった体重が減少していくだけなのです。

玄米食についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、玄米食を上手に取り入れたダイエットメニューも考えましょう。

なおダイエットに効果的であるということは事実であっても、食べ過ぎが治らなければ効果が出ないので、注意したいのが玄米食です。

玄米食は本当の意味でのダイエットには大きなヒントを与えてくれるもので、体重を落としてからも体重キープのサポートになるでしょう。

なお欧米ではアジアでは主食とされるコメは野菜という感覚なので、玄米食は主食を減らすイメージになっているとも言います。

そのため玄米食でダイエットを行う場合、主食の量そのものも減らしていく必要があると考えておくべきになるかもしれません。

バランスの良い食事こそがダイエットの基本になりますので、玄米食に切り替えるとそれが実現しやすいこともあってダイエットに効果的とされるのでしょう。

飽きないようにうまくメニューを作り上げることだけでもカロリーは使われますので、うまくダイエットメニューに組み込みたいのが玄米食です。

スポンサーリンク

 

タグ :

食品   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る