玄米食の食べ方

サラリーマン研究所

サラリーマンの日常を楽しくするためにお得な情報を提供します。

玄米食の食べ方

読了までの目安時間:約 7分

 

玄米食と言うと、ただ圧力窯で炊くか、そういう機能の付いた炊飯器で炊いて主食にするという方の方が大多数かもしれません。

しかしながら玄米食をうまく自分の食生活に組み込んでいけば、さまざまなレシピが出来あがっていき、味方につけられます。

たとえば玄米食で考えつきやすいレシピの例を挙げるとすれば、野菜を蒸すように蒸して副菜に使うこともいいのではないでしょうか。

また欧米での食べ方のレシピで多いのは玄米食を抵抗感なく食べられるという方法にスープの具にしてしまうというものもあります。

いうなれば頭を「主食」という観念から解放すれば、玄米食のレシピは非常に多く広がっていくものでもあると言うわけです。

野菜の1つという考え方をプラスしてみたのであれば、飽きの来ないメニューのレシピをどんどん考えつくのが玄米食です。

玄米食そのものはあれこれと炊き方や食べ方など難しい面がありますが、レシピでその問題をクリアすることも可能なのです。

レシピそのもの自体も、炊く、蒸すが主流になっていきますが、玄米食をうまく素材として考え直すのも良いですね。

玄米食自体を「主食」と絞り込んでしまうと、なかなか白米のようなメニューにすることが難しいのですが、野菜と考えれば簡単なのです。

いうなれば玄米食のレシピは食事メニューはこうあるべき、という概念を捨ててしまったほうが豊かに浮かんでくることでしょう。

ある方が「なるほど」と思ったのは、主食はなくしていたそうですが、玄米食を実践していることで、サラダ仕立てになっていたことだそうです。

ちょっと考えてみると玄米食のすしという感覚になってしまいますが、このサラダ仕立てというのもユニークですし、食べてみたくなります。

そこで玄米食もユニークなレシピをどんどん考えていくべきですし、そのほうが飽きてしまったりすることもないでしょう。

玄米食についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、玄米食のレシピについても調べてみましょう。

調理方法をまったく基本から離れてみてから、レシピそのものを構成していくことによって、堅苦しいものから楽しいものになるのが玄米食です。

玄米食自体は意外とシンプルで白米より噛みごたえがあって、香ばしい風味があると言うことを生かせばレシピも浮かんでくるでしょう。

また最近ではコメでパンが作れるマシンも発売されていますので、玄米食の新しいレシピ開発の友になるかもしれません。

いうなれば玄米食の範囲を広げていけば、非常にたくさんのレシピを考えることができると言うことが実際に多いのです。

中には失敗することもあるかもしれないのですが、玄米食のいいところは失敗しても作り替えができることではないでしょうか。

そこで「コメ」という概念を捨ててから、素材としてどう料理したら、美味しくなるか、と頭を使いレシピ開発すべきなのが玄米食です。

玄米食には「健康になれる」「ダイエットが成功する」というイメージが強くありますが、気をつけるべき問題点も多くあります。

まず選び方も重要なので、玄米食を開始する場合には、農薬の存在を忘れてしまうわけにはいかないことも認識すべきです。

白米は精製を行う段階でかなりの量の農薬を落としているのですが、玄米食であれば、農薬はそのままなので、体内に入り込むことになります。

いうなれば玄米食を行いたいのであれば、完璧にオーガニックの無農薬でなければ、身体に逆に害を及ぼすリスクがあがっていきます。

そのため農薬への認識がない場合では、玄米食が原因でさまざまな病気の発症原因になることも問題点なのです。

そこで見えてくる問題点と言うのは、「オーガニック」と「無農薬」であるものを選ぶと白米を選ぶよりも費用がかかることになるのが玄米食です。

スポンサーリンク

玄米食を続けていると、かなり体調が良くなってきた実感が出た後に、急激に体調を崩すという問題点があります。

これは玄米食が原因になっていて、短期間だけ実践する分には起こらない問題点であって、長期間の実践で問題点になっています。

実は玄米食で体調が良くなっていくという時期は体内から蓄積していた毒素が排出されていくからなのですが、これは毒が毒素を引き寄せて排出させるのです。

正直に申し上げてしまいますと、玄米食には毒素が含まれ、その毒は一定の期間ではいいのですが、長期にわたるとこちらの毒が蓄積し出します。

問題点があることを玄米食の実践者はあまり目を向けることなく、ただ「イメージ」だけで満足してしまうことも多くなっているのです。

ここで言う玄米食の毒素とはいわゆる「アク」で、これはコメという植物が自分の身を守るために備えているもので、植物なら当たり前なのです。

この玄米食の問題点は食べているものが「オーガニック」と「無農薬」であっても変わることではないということも覚えておくべきなのです。

玄米食についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、玄米食で起こる問題点ももっと詳しく調べてみましょう。

「健康」というイメージに踊らされることなく、問題点も踏まえて、一番、身体に良い形で実行したいものになっているのが玄米食です。

玄米食そのものには確かに問題はありますが、その問題点をクリアしていれば、健康に効果的なものになるのは真実です。

また玄米食が「健康」につながっていく方は体質にあっているのであり、消化器系が弱い方には向いていないこともある問題点もあります。

また問題点で困ってしまうのは玄米食を実行すれば、どのような肌や身体の問題も解決できると思い込んでしまう傾向の方かもしれません。

また素人判断で玄米食を開始することも、問題点であり、中には行うべきではない場合もあることも知っておくべき事なのです。

メディアなどの広告効果や「健康」というイメージに振り回されないように、問題点と解決方法を知ってから実行したいのが玄米食です。

スポンサーリンク

 

タグ :

食品   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る