初盆のお布施

サラリーマン研究所

サラリーマンの日常を楽しくするためにお得な情報を提供します。

初盆のお布施の相場について調べてみた

読了までの目安時間:約 6分

 

まず最初にお盆とはなんでしょう。

ウィキペディアでは以下のように説明されています。

お盆(おぼん)とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事。

日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事である。

かつては太陰暦の7月15日を中心とした期間に行われた。

現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多い。

※WikiPediaより

仏教の行事だと思っておりましたが、日本古来の神様の進行と仏教が融合した行事だったのですね。初めて知りました。

スポンサーリンク

初盆とは

お盆の意味がわかったところで初盆とはなんでしょう。同じくウィキペディアで調べてみます。

人が亡くなり49日法要が終わってから次に迎える最初のお盆を特に初盆(はつぼん、ういぼん)または新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)と呼び、特に厚く供養する風習がある。

※WikiPediaより

まぁ読んでその通りなのですけれども人が亡くなって初めて迎えるお盆の事ですね。

いろいろと地方によって違う風習があるらしいのですが、大抵の場合は自宅にお寺さんを呼んで法要してもらうというところが多いのではないでしょうか。

お寺さんを呼んでお経を上げてもらうのですからお布施と言う名前の料金が発生します。

お布施というやつは基本的に値段が決まっていないようなので、実際どれくらいかかるのか少し調べてみました。

お寺さんに電話で聞いてみたら?

うちは浄土真宗の仏光寺派と言う宗派なのですけれども、その宗派のお寺さんに電話して初盆のお布施について金額を聞いてみました。

気の良さそうなお母さんが電話に出てくれたんですけれども、そのお母さん曰く「お気持ちですからいくらでもいいですよ」との事。

「それじゃぁ全然わからないので平均的にどれくらいですか?」と食い下がってみましたところ、「イヤ、ホントにいくらでも結構ですよ」て言われました。

電話では全然わかりませんでした。

知恵袋で調べてみた

ということでYahoo!知恵袋で初盆のお布施の相場について調べてみました。

地域によって全然違うという前書き付きで「普通のお盆は1万円が相場なので初盆は2万から3万円でしょう」という回答がありました。

また、「相場はあってないようなものです。」との回答もあり、その人は同じ地域の人に尋ねるべきですとの回答でした。

Yahoo!知恵袋では思ったような回答が得られませんでしたので、教えて!gooで調べてみました。

するとこのような回答が見つかりました。

>槽洞宗の檀家で初盆の供養志のお金の費用ってどの位かかりますか?

いわゆるお布施はお寺により様々です。

また、仏さまの位によっても違います。

なので何ともいえません。

今は、お寺のほうでお布施の金額をあらかじめ言ってくることが多いですが、言ってはくれないんですね?

ちなみに、私も曹洞宗(位は庵主)ですが、お布施25000円、膳部料1万円、塔婆料2000円です。

※教えて!gooより

私とは宗派が違うのでなんとも言えないですけれども、仏様の位によって違うというのは初耳でした。

なんとなくですけど、3万円ほど包めば良いんじゃないかなと言う感じでしょうか。

お布施の渡し方

お布施の相場とは直接関係ありませんが、調べていくうちにお布施の渡し方というのも知ることができましたのでここに合わせて書いておきます。

まず、お布施を直接畳や床に置くというのはあまりよくないことらしいです。

ですから風呂敷やお盆などに乗せてお寺さんにお渡しするというのが正しい渡し方のようです。

下において床をスライドしてお渡しするというのはあまり正しいやり方ではなく、お盆に乗せてそのまま手渡すやり方が良いようです。

金封は紅白にお布施と書くのが良いようです。

お渡しするのは法要前に「よろしくお願いします」と先にお布施をするのが本来のやり方のようです。

というのは、お布施と言うのはお経の対価ではなく、自分自身のためにお布施と言う修行するということのようです。

自分の修行なので、相場という考え方は無いみたいです。

初盆のお布施の相場の結論

相場はないが3万円で間違いないらしい。

スポンサーリンク

 

タグ : 

生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る