ゴルフ理論

月曜日のジム行き-筋トレは下半身だけやればいい

筋トレのモチベーションを保つために『筋トレは下半身だけやればいい』って本を買いました。

本といっても、AmazonのKindleを愛用しているので、Kindle用の電子書籍です。

品川駅改札内の書店でこの本を見て、表紙に一目惚れして、その場でAmazonでKindle版のこの本を衝動買いしました。

『筋トレは下半身だけやればいい』表紙

この本の表紙のキャッチャーさをご覧ください。PC版Kindleを写真で撮影したものです。

筋トレは下半身だけやればいい

加齢の正体は筋肉だった!
  • 疲れにくく、体が動く
  • 代謝が良くなり、骨密度が上がる
  • 内臓脂肪も減って生活習慣病を予防
  • 脳が活性化して認知機能が高まる

どうですか?中身を読んでみたくなりませんか?

比較的平易なわかりやすい文章の本で、すらすらっと読めます。

特に気になった部分を引用しておきます。

人の筋肉というものは、普通に生活しているだけで年に0・5~1%程度、減少するといわれています。
20歳の頃の筋肉量を100%とすると、50歳では85%程度、80歳では65%程度まで落ち込んでしまいます。
筋肉は体温を維持するために常にエネルギーを消費しているので、筋肉が落ちることで代謝が下がり、その分体脂肪がつきやすくなるのです。

そこからの

加齢とともに自然と筋肉量が落ちていくことに何も対策をしなければ、少しずつ体脂肪が増えて体型が崩れるだけでなく、筋力が落ちて疲れやすくなり、気づいたら取り返しのつかないほど深刻な状態になっている、そうなるのは間違いありません。

これ以上の詳しい内容は本を読んでいただくとして、この本を読んで筋トレを継続する勇気を貰えました。

今日のジムでのトレーニング

この本で推奨されているスクワットに加え、腹筋と足の筋肉の筋トレ、並びにこの本に書いてあった正しいフォームでのランニングをやってきました。

ちなみに、筋トレといえば腹筋ですが、この本にはこんなことも書いていました。ファンタジー(^_^)

腹筋運動は無駄ではありませんが、「腹筋を鍛えたらお腹の脂肪が減る」という考えは誤りです。
「風邪はネギを首に巻けば治る」といった迷信と同様、原因と結果の間に因果関係がないファンタジーです。

ランニング中には、いつものようにYoutubeでゴルフのレッスン動画を見て走っていましたが、動画に集中しすぎて猫背になってしまわないように意識して取り組んでいました。

意識は行動を変えるので、何事も意識して行動する事は大切な事だと思っています。

ジムでランニングをしながらYoutubeを見てゴルフの勉強をする

最近メタボリック気味なので健康を維持するためにジムに通ってます。

今日は3連休の最終日ですが、何もする事が無かったので、昼間っからジムに行って汗を流してきました。

ジムでは基本的に腹筋やスクワットの筋トレと、トレッドミルでランニングをしています。

ランニング中は何もする事が無かったのですが、最近はYoutubeでゴルフ関係の動画を見ながら走る事を覚えました。

iPadと

SONYのBlueToothのランニング用のイヤホンを愛用しています。

こいつは動画見ていなかった頃から愛用しているイヤホンで、もう販売が終了していて、BlueToothも古い規格の4.1までの対応ですが、こんなモデルです。

iPadにはYoutubeのアプリを入れて、月額1,180円のYoutube Premiumを購入しましたので、動画をダウンロードしてオフラインでもYoutubeの動画を見れるようにしています。

で、UUUM GOLF-ウーム ゴルフ-に何個もアップロードされている再生リストをまるごとダウンロードして、連続再生をしてトレッドミルでランニングしながら見ています。

今通っているジムは、トレッドミルの使用が一応1回1時間までになっているのですが、動画を見ながら走っていると、時間を忘れて1時間あっという間に過ぎる事もしばしばです。

最近は中井学ものにはまっていて、こんなのをヘビロテして見ています。

ゴルフスクール2回目で引き続きスウェー対策

100叩きゴルフを卒業するため、ゴルフスクールに入りました。

今日は2回目のゴルフレッスンです。

ゴルフスクールの先生には、スイングがガタガタになっても良いので、スタンダードなスイングを身につけたい旨を最初の受講時に伝えています。

まずは体をほぐしたあとに前回のおさらいから。

バックスイング時右側に体重移動しすぎ(スウェー)

前回の受講時に最初に治すべきはこの右スウェーだと教えていただき、数10球これだけに気をつけてボールを打っていました。

バックスイング時の動作のコツとしては、トップに来たときに右足の上に頭があるように気をつければ良いそうです。

実際にスイングをiPadで撮影していただいたのですが、右足の上に頭があるように意識するとスウェーの挙動は出なくなります。

ただ、今まで、スウェーしながらスイングしていたので、スイングが物足りなく感じます。

そこを先生に相談すると、あまり力を入れずにヘッドスピードを上げるのがスイングだとの事で、理解しました。

インパクト時に右足体重になっている

家で素振りをしてた事も有り、スウェー癖の修正が出来てきたので、新たなスイング矯正の課題に取り組む事としました。

iPadでスイングを撮影して、先生と一緒に撮影した確認しながら、どこが悪いのか説明をしていただきました。

スウェーの次の課題はインパクト時に右足に体重が残っていることを修正する事としました。

直し方としては、トップからの切り返し時に、腕はトップ位置に置きながら、左足を踏み込む事でスイングを開始するようにするという方法でした。

今まで意識した事が無い動作だったので、これがなかなかに難しい。

雑誌等で見る「下半身始動」とか、中井学プロが唱える「ヒップターン」っていうのはこのスイングの事だったのだと教えられました。動画や文字を見てわかった気になっていたり、出来ている気になっていた事だったのですが、実際に動画で自分の動きを確認してみると全然出来ていないのですね。

下半身始動・ヒップターンスイング

下半身始動やヒップターンスイングの参考資料を纏めておきます。

忘れたときに見直しできますように。。

中井学プロのヒップターンスイングの動画

中井学プロに言わせるとヒップターンスイングはゴルフの基礎らしいですね。

芹澤信雄プロは、切り返しで右肘の内側が上を向き、左肘は閉める動きをすると言っています。

今日のスクール纏め

今日は前回のスウェー対策に加え、インパクトで右足体重にならない方法(ヒップターン)を教わりました。

時間があれば家で素振りをしてこの動作を早く身につけたいと思います。