霞台カントリークラブラウンド報告(2019/09/29)

2019年9月29日に茨城県の霞台カントリークラブでラウンドしてきました。

天候は晴れ。気温はやや高めで長袖のアンダーシャツで少し暑い感じ。風はたまに感じるくらい吹いていました。

私は神奈川県に住んでいるのですが、茨城県までゴルフに行くことは少なかったのですが、これからは少しずつ増えそうな気がします。

霞台カントリークラブのスコア

今日は霞のINコース->霞OUTコースの順でまわりました。ココのゴルフ場は36ホール有るとても広いゴルフ場で、ロッカールームは迷うほど広かったです。

さて今日のスコアです。

51-54で105でした。最近105ってスコアが多い気がします。これくらいが今の実力で、安定しちゃったのでしょうか?

霞コースIN

スタートホールの10番はHDCPが4のホールで、白ティーから379ヤードですが、ティーショットが天ぷらになり、距離が残ってしまったため難しかったです。いきなりの4オン2パットのダブルボギーでした。

ティーショットがあまり良くなかったのが敗因でした。

14番はハンデキャップが2の難ホール。ティーショットが右に曲がり1ペナゾーンに入ってしまいました。4オン3パット1ペナルティの8打トリプルボギーでした。

18番ホールはティーショットが右のラフへ。そこから右のラフを渡り続け、6オン(1アプローチ)の2パットで8打でした。

パター数は17打。1パット×3回、2パット×4回、3パット×2回でした。

霞コースOUT

昼食は生姜焼き丼見たいのをいただきました。おいしかったですが、少々量が多かったです。昼食時間は45分ほどで、ほどよい長さでした。

OUTコースでは、1番2番と連続の3パットをやらかしてしまい、連続ダブルボギーでのスタートとなってしまいました。

4番のダブルボギーも3パット。5番のトリプルボギーも3パットでした。

6番は2打目のアイアンショットがロストボールになるほどのOBをやらかし打ち直ししました。結局5オン(1アプローチ)2パット1ペナの8打でホールアウト。このホールはハンデキャップ1の一番難しいホールでした。

8番は1打目をバンカーに入れてしまい、バンカーからの脱出に2打を要して、3オン。そこから2パットのダブルボギーでした。

パター数は22打。2パット×5回、3パット×4回でした。

今日の反省

パット数がトータル39打で、とにかく最悪に近い感じでした。特に後半のOUTコースはファーストパットがノーカンになってしまって、3mのパットを2mオーバしてしまうようなことばかり繰り返してしまいました。

長めのパットを残しても、なんとか2パットで上がれるようにすることと、アプローチは1パットでカップインできるような位置まで精度を上げる事がこれからの課題です。

2つめはドライバーの当たりが非常に悪かったです。

ドライバーが非常に捕まらなくなってしまい、スライスばかり打っていました。

PAR4では、途中でドライバーのティーショットを諦めて、3Wでのティーショットに切り替え、なんとかスコアを保ったのですが、PAR5ではどうしてもドライバーを持ってしまい、思うような結果が出せませんでした。

PAR5のホールでは、トリプルボギーが3個、ボギーが1個という散々な結果でした。

反省点(=練習箇所)が見つかったので、これからも精進して練習を続けます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*