LYNX(リンクス) ティーチングプロ

先日のゴルフスクールを受講したときに家での素振りを進められたので、早速昨日Amazonで素振り練習用の道具を購入しました。

いろいろな素振りグッズが有ったのですが、家の中で素振りが出来るように短い事と、そんなに高くない事を条件にしてこれを選びました。


ティーチングプロ2

LYNXのティーチングプロ2という商品です。

届いて振ってみましたが、思ってたよりもかなり重かったです。総重量785gとの事だったので、アイアンの倍近い重さだということは認識できていたのですが、その重さがこんなに重いとは思っていませんでした。

あとグリップが矯正されるような凸凹が付いていて、これが私のグリップに合うのかも心配していましたが、こちらの心配は杞憂だったようで、違和感なく握る事が出来ました。

1日10回振るだけで理想的なスイングが出来るそうなので、素振りを継続してみます。

ゴルフスクール受講(スウェー対策)

今日はゴルフスクール全10回のうち1回目の受講をしました。

初回という事で、最近のゴルフの悩みである『ボールへのあたりが薄くて弱い球しか飛ばなくなっている』ことを相談して、スイングチェックをしていただきました。

スイングチェックですが、iPadで飛球線後ろから撮影していただいたものを見ながら、私のスイングがどのようになっているのか解説をしていただきました。

悪いところの指摘をたくさんされました。

  • テイクバックで右側にスウェーしている事
  • 手打ちになっている事
  • テイクバックで右脇が開いている事
  • テイクバックで左手首が甲側に折れ曲がっている事
  • インパクトで左肘が外に流れている事
  • インパクト時に左側に体重が乗り切っていない事
  • スイング軌道がアウトサイドインになっている事

等々いろいろ指摘をいただき、最近のボールへのあたりが薄いという悩みとあわせて考えて、まずはスウェーの対策をすることにしました。

改善方法としては、テイクバックしてトップの時に頭が右足の内側(おちんちん側)に残っているようにスイングするようにするということでした。

基本的にどのような動きが悪いのかを知ってしまえば、あとはそれだけを意識してスイングすればその部分のみを直す事は比較的容易に出来ます。

あとは、意識しないでもその動きになるように反復練習をするしか無いと思っています。

今日のレッスン中はその動きだけを意識してスイングをしていました。

スウェーに関しては何度も体の動きを反復練習したほうが良いとの事で家での素振りをお勧めされました。

レッスン受講後に、自宅に戻りWeb上でスウェー対策のドリルを見つけたので、リンクを貼っておきます。

テレサ・ルーのスエーを防ぐためのドリル

ゴルフスクール入学

全然ゴルフがうまくならないのでゴルフスクールに入る事にしました。

近所にリンクス新川崎というゴルフ練習場があるのですが、そこでやっているゴルフスクールです。

金額は10回で37,000円で、レッスン時にはボールが打ち放題だったので、コストパフォーマンス的にも普通に打ちっぱなしで練習するよりもお得という判断も入りました。

ここの練習場は夜間時間貸しって時間を区切って打ち放題になる料金プランがあるのですが、そこでは土日の1階席で90分3,300円(そこに打席料と照明料がプラスされるので実質3,920円)なので、10回で37,000円だと普通に打ち放題で練習するのとあまり変わらない感じです。

ただ、毎週決まった時間に通わなければならないというのがデメリットと言えばデメリットですね。

明日から毎週日曜日に通う事にしたので、習った事を都度アップしたいと思います。